イノベーション創出とデザイン思考

ビジネスモデルにイノベーションを起こす

Topic 31 企業会計は、ビジネスモデルの土台

俺のフレンチや俺のイタリアンなど、「俺の〇〇〇」を展開する「俺の株式会社」のホームページにある記載です。「ミシュラン星付き級の料理人が腕をふるい、高級店の3分の1の価格で提供すること。フード原価率60%超えでも、顧客を1日3回転以上させる…

Topic 30 ビジネスモデルにブルーオーシャン戦略を適用する3つのアプローチ

前回の投稿で、業界標準や業界常識を基準として、下記の4つのアクションをとることで、差別化の実現が可能となることを紹介しました。・減らす・増やす・取り除く・付け加える 既存のビジネスモデルに対して、3つの視点で、これらのアクションを取ることが…

Topic 29 価値とコストのトレードオフからの脱却

マイケル・ポーターの基本戦略では、付加価値の追求とコストダウンによる価格戦略の2つを示唆していますが、それらの両立を追求したのがブルーオーシャン戦略です。ブルーオーシャン戦略では、4つのアクションを指し示しています。 業界標準や業界常識を基…

Topic 28 差別化ができていることと、価格競争は全く異質なこと

前回の投稿で、ゲインの最大化につなげること、ペインの最小化につなげることが、価値提案に欠かせない要素だと述べました。ゲインとは得たいこと、ペインとは無くしたいことです。 ゲインの最大化につなげること、ペインの最小化につなげることの具体的な方…

Topic 27 お客さんの期待を2つに分類して考えてみる

サービスの利用やプロダクツの使用を通じて、お客さんのどんな期待に応えているでしょうか? 期待に応えることがお客さんから選ばれる「理由」です。 お客さんの期待は2種類に分類できます。ゲイン(gain)の最大化とペイン(pain)の最小化です。ゲインとは得…

Topic 26 4つの真実の瞬間

前回の投稿で顧客がどんな状況にあるのか、コンテキスト(context)の理解は時系列の観点が必要と述べました。ソーシャルメディアが普及した現代では、時系列で「4つの真実の瞬間」があり、顧客の状況が変化すると言われています。この瞬間に自社のサービスや…

Topic 25 突然の土砂降り

買い物や食事を済ませてお店を出たら、突然の土砂降りだったらどうでしょうか?どうしようかと途方に暮れてしまいますよね。 そんなときにお店から傘を贈呈されると、これ以上に嬉しいことはないです。筆者はこのような経験が何度かあります。店の配慮で、そ…

Topic 24 3対33の法則 モノではなくコトを売る

ビジネスで提供する価値は5つに分類することができます。 ・機能価値 サービスやプロダクツが提供する機能そのものから感じる価値・金銭価値 宝石、貴金属のような高価な物品の所有やお買い得感のような金銭的に感じる価値・利便価値 コスト(お金・時間・手…

Topic 23 外部環境の変化を問題にしていませんか?

例えば、少子高齢化によって、若い人向けのプロダクツの売り上げが落ちているとします。少子高齢化は外部環境です。マクロ経済の観点からは問題かも知れませんが、自社でどうにかできることではないです。問題なのは売り上げが落ちていることです。この場合…

Topic 22 ビジネスモデルキャンバスはデザイン思考で使うツールなのですか?

「ビジネスモデルキャンバスはデザイン思考で使うツールなのですか?」と聞かれることがよくあります。その問いかけに対しては、「はい、そうです」と答えます。ビジネスモデルキャンバスはデザイン思考に欠かせないツールのひとつです。 ビジネスモデルキャ…

Topic 21 遊び心があればアイデアは無限大 IKEAの「Cook this Page」

IKEAのクッキングペーパー「Cook this Page」は、所定の場所に食材を乗せて、丸めてオーブンに入れれば美味しそうな料理ができてしまうのです。調味料の分量を量らなくとも乗せるだけです。料理が苦手な人、料理にかける時間がない人、家事をしない旦那さん…

Topic 20 5W1Hを使いこなす、「なぜ」をリフレーミングして顧客の状況(コンテキスト)を理解する

「なぜ」は5W1H「What」「Who」「When」「Where」「Why」「How」の中で異質な存在です。なぜ?と問われると論理的な思考が必要となるからです。一方で、その他の4W1Hは論理的な思考がなくとも答えることができます。なぜ?なぜ?と繰り返して物事の根本的な…

Topic 19 他人のアイデアをヒントにする

フリマアプリ「メルカリ」が注目を集めています。フリーマーケット、売りたい人と買いたい人のマッチングをすること自体は新しいことではないです。どこにでもあるような話しです。新しくないからいけてないと言うことではないです。ビジネスモデルにはパタ…

Topic 18 あれこれと考えるよりは一歩を踏み出してみる

イノベーションには2種類あります。 ・エボリューション 進化 ・レボリューション 革新的 おおよそエボリューションによって、より素晴らしいデザインが生まれています。 デザインとテストの繰り返しによって、お客さんからより高い満足度を得られるように…

Topic 17 計量カップの目盛りは横から見るという呪縛

料理のときに使う計量カップの目盛りは横から読むものだと思っていませんでしょうか? それでは、計量カップの目盛りを読むときに腰をかがめる行為が必要となります。 上から目盛りを読むことが出来れば、腰をかがめる行為をしなくて済みます。 腰をかがめる…